抱き枕カバーの上手な保存方法を紹介

抱き枕カバーはどうやって保存すればいい?

抱き枕カバーは保存していた方法によって、抱き枕カバーの状態が変わり、大きく買取査定額が変わってきます。
どのように保存すればいいのか?ご覧下さい。

 

査定額を下げない抱き枕カバーの上手な保存方法とは?

こまめに洗濯する

抱き枕カバーはこまめに洗濯しておきましょう。
汚れやシミなどはすぐに洗濯すれば取れますが、しばらく汚れを放置しておくと、自宅で出来る洗濯では中々落ちにくくなってきます。
こまめに洗濯して清潔を保ちましょう。

 

カビに気をつける

しばらく使わない場合、押し入れなどにいれて保存する人が居ると思いますが、
押し入れにて保存する場合は、湿気によるカビに注意したいところです。
カビが一度でもついてしまうと中々落ちず厄介なので、風通しの良いところで抱き枕カバーを保存しましょう。

 

これだけ気をつければ、使用済でも抱き枕カバーの査定額を下げることなく買取してもらえますので、意識して保存しましょう。